電話相談、同行支援、居場所づくり(青森市)、社会啓発資材作成、政策提言などに使わせていただきます。

RC-NETでは、性暴力の被害にあった人、その周囲の人から、メール、スカイプ、電話、面談、同行での相談を受けています。 
必要な情報を渡して繋げる、ということはもちろん、直接的なサポートもしています。 そして、社会全体に対して性暴力についてをしってもらい、自分たちにとって身近なこととして考えて、行動してもらうための啓発事業も進めています。

その中でも今回は特に、2020年の性犯罪に関する刑法改正議論再開に向けての活動に向けての活動を中心として寄付を使わせていただきます。
ぜひ、ご協力をよろしくおねがいいたします。

 性暴力サバイバーにとって生きやすい社会を。

性暴力にあわないために、とか、性暴力をなくそう、とか、 
確かにそうなればいいとは思うけれども。 
私たちが暮らすこの街には性暴力があり、そして、性暴力の被害にあった、私たちがいる。 
すでにいる。すでに一緒に生きている。 
その視点に立ち、私たちは、性暴力サバイバーにとって生きやすい社会をつくるための、相談事業や居場所づくり、 
そして、社会の構造変革のために啓発活動を進めていきたいと考えています。


クレジットカードで寄付をする → Japangivingへ(外部リンク)

 

郵便振替 00980-8-194971 レイプクライシス・ネットワーク

ゆうちょ普通預金 14190-82780161 レイプクライシス・ネットワーク